スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

ランニングマシンで退屈せずに、いくらでも走っていられる方法

f:id:tomsam65:20160923165453j:plain

こんにちは、今回はスポーツの秋ということで、スマホを利用して有酸素運動でダイエットしようというテーマです。


近所にスポーツジムやスポーツセンターなどの運動施設がある人向けですが、ランニングマシンやサイクリングマシンで飽きることなく有酸素運動ができます。


利用するのはスマートフォンとAmazonプライムビデオ。


コスト的には、スマートフォンを既に持っている場合、Amazonプライムビデオの年額3900円(月額325)+スポーツジム会費(もしくはスポーツセンター利用料)です。


簡単に言ってしまえば、Amazonプライムビデオで動画をダウンロードしてランニングマシン利用中に視聴したところ、ずーっと運動出来ましたという体験談です。


スポンサーリンク



同じ景色を見続けるランニングマシンは10分くらいで飽きる

3年ほど前からダイエットも兼ねて運動を始めた頃、近所にあるスポーツジムに通っていたのですが、地域のスポーツセンターが一回300円で利用できると知ってからは、スポーツセンター略してスポセンで筋トレやランニングマシンなどを利用しています。


そこで思いの外困るのが、ランニングマシンが退屈だということ。


これ、けっこう同意してくれる方いるんじゃないでしょうか。


筋トレは集中してトレーニングするので良いのですが、ランニングマシンやサイクリングマシンで運動していると、最初の10分ほどは我慢できても、それ以上はだんだん退屈で辛くなってくるんですよね。


iPodやウォークマンで音楽を聞きながら運動していた時期もあったのですが、目に見える景色が全く同じなのでどうしても飽きてきてしまう。


これは屋外のジョギングで道路や川沿いの道を走っている時には発生しない悩みでした。


しかしランニングマシンにはメリットが多くあります。

膝を痛めにくい、雨天でも運動できる、筋トレを交えて交互にトレーニングできるなどですね。


外で走るジョギングと合わせて、屋内でランニング/サイクリングマシンを利用したトレーニングも続けたい。
どうにかしてこの退屈な時間を無くせないものかと考えるようになりました。

最初はPSPで動画視聴

あまり利用されていないのですが、携帯ゲーム機であるPSPに動画を入れると再生出来ます。

また、ソニー製のブルーレイレコーダーであれば、レコーダー本体とPSPをUSBケーブルで繋ぐことで、録画しておいたテレビ番組を持ち出して外で視聴することも可能です。



そしてランニングマシンやサイクリングマシンはたいてい前面に操作パネルがあるので、ここにPSPを立てかければ、走っている/ペダルを漕いでいる間、ずっとレコーダーから転送した動画を視聴することが出来ます。


これがなかなかに快適で、ランニングマシンで走りながらバラエティやドラマなどを見ていると、あっという間に30分、40分が過ぎました。


ランニングマシン退屈問題、これにて解決!


と思ったのですが、しばらく続けていると、毎回USBで接続して番組を持ち出す操作が面倒になってきて、もう少し手間を省けないかなぁと思うようになりました。

あとPSPは画面の解像度が低いので、字幕なんかが見えづらいという問題もありました。


そんなわけで、第二段階を模索することにしたわけです。

スマホで動画は見れないか?(テレビ番組持ち出し編)

こう思いました。

いつも持ち歩いているスマートフォンに動画を入れておければ、画質も利便性も最高じゃないか?

出来れば録画したテレビ番組を無線でスマホに転送できれば言うことはありません。


色々調べたところ、ソニー製のレコーダーとXperiaシリーズの組み合わせであれば、ワイヤレスおでかけ転送フルHDという機能があり、画質でも利便性でも、ベストに近い連携が可能だと分かりました。


ワイヤレスおでかけ転送に関するFAQ| Q&Aページ | Q&A | ブルーレイディスク / DVDレコーダー | サポート・お問い合わせ | ソニー

iPhoneなどでも解像度を640x320に落として転送できるようで、これはこれでアリでした。
ですが対応しているレコーダーを持っていなかったので断念しました。

(しかし利便性を考えるとレコーダーがあればこれがベストかも)

スマホで動画は見れないか?(定額ビデオサービス編)

次に注目したのは月額いくらで動画が見放題のサービスです。
これならラインナップも豊富ですし、転送の手間もなく運動中のお供に最適だと思いました。


そこで決めた条件はこんな感じです。

  1. スマホ単体で視聴可能であること
  2. 動画を本体メモリかSDカードにダウンロードできること
  3. 月額料金はなるべく抑えたい

1番は問題ありません。今時の定額ビデオサービスであればスマホ対応は必須なので早々にクリアです。

3番は出来れば安い方が良いですが、そこまで値段に差があるわけではないので重要視してはいませんでした。

意外と難しいのが2番でした。例えば動画サービスで有名ドコロであるNETFLIXは動画ダウンロードに対応していません。ストリーミングサービスのみです。
これはこれで本体の容量を消費しないのでメリットもあります。おそらくNETFLIXは企業としてそのメリットを重視しているものと思われます。

ですが、ランニングマシンで頻繁に動画を見るとなると、常に通信が発生する動画サービスは苦しいのです。

家庭の無線LANや公衆LANサービスなどを利用して動画をダウンロード、通信せずに動画を視聴したいという使い方が出来るサービスが必要でした。

この点から、同じくメジャーなHuluもダウンロードに対応していないため選外となりました。

ダウンロードに対応していたのはAmazonプライムビデオとdビデオです。


どちらもラインナップ的には必要十分で、とくにdビデオは見たいと思っていた作品も多くて迷ったのですが、もともとAmazonプライムに入っていたことが決め手になってプライムビデオに決めました。


実際に使ってみてどう?

これは文句なし。快適です。すごく快適です。

大事なことなので二回言うくらい快適です。


基本的には家にいるときに動画をダウンロードしておき、スポセンでランニングマシンを利用しながら動画視聴。

プリズンブレイクと弱虫ペダルを全て視聴しました。

iPhoneであれば容量に余裕があるのでダウンロードしても問題ないですが、AndoridはMicroSDがないと厳しいと思います。

私はまだAndoridユーザーなので、大容量のSDカードを使っていますが、値段とデータ容量から考えると、今は200GBのモデルが一番オトクだと思います。

不安定では困るのでメーカーにちょっとこだわってサンディスク製にしてみましたが、動画が止まるような不具合もなく、非常に満足しています。


以上、こんなスマホを利用してランニングマシンのお供に動画視聴すると退屈しないよという記事でした。

【2017/5/22追記】
ラニングマシン中にスマホで動画を見る方法がちょっとパワーアップしました。

www.sunlight-arrow.net

AbemaTV便利すぎ…


スポンサーリンク