スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

Galaxy Noteシリーズ信者の私がGalaxy Note 8を買わないたった1つの理由

そもそも日本で発売されるのかも不明ですが、Galaxy Note 8の購入を見送ることに決めました。

理由はただ1つ、Android 8.0(愛称オレオ)がプリインストールされないからです

※Galaxy Note 8の発売当初のバージョンは7.1(愛称ヌガー)なので、去年のOSになります。

スポンサーリンク

Android 8.0じゃないとダメなんですか?

OSのバージョンがそんなに大事でしょうか?

はい、私も当初は「どうせ来年にはアップデートされて8.0になるだろう」と気にしてなかったのですが、この記事を読んで完全に考えが変わりました

www.itmedia.co.jp

ここから重要な部分を引用しますね。

「Project Treble」で、Android 8.0 Oreoからは変わりそうです。これはGoogle I/Oで発表されたモジュールベースのアーキテクチャ。年内にGoogleの「パートナーメーカー」から発売されるOreoプリインストール端末は、Project Trebleのお陰で待たずにアップグレードできるようになるそうです。(現行の端末からOreoにアップデートしたものは別。)

さらっと超重要なことが書いてある!?

(実際は5月には公式発表されていたようですが見落としていました…)

これはつまり、Galaxy NoteシリーズもAndroid 8.0がプリインストールされたモデルからは、OSバージョンアップが公式並の速度になる可能性があるということ。

しかもOS部分とメーカー独自の作り込みが分離されて、更新後も今までより安定しそうな気配まであります。

これぞAndroidユーザーが長年我慢してきた問題を解消してくれる神機能。

OSの最新バージョンが出ても自分の機種が更新されるまで半年から1年は待ちましょうね…」が解決されるかもしれないんです。

控えめに言って最高じゃないですか。

後から8.0にアップデートしたらダメなんですか?

残念なのはこの機能がオレオのプリインストールモデルに限られていること

確かにアップデートをGoogle純正(Pixel)並の速度にするためには、OSの土台部分にまでがっつりメスを入れる必要があるでしょう。

発売時点で搭載されるOSとして、ベースを含めて作り込んでいなければ実現は難しいと思います。

これは仕方ないことです。

そして悲しいけれどGalaxy Note 8ではまだプリインストールがAndroid 8.0(オレオ)ではない

(今までの実績から考えて、来年発売されるGalaxy S9からはオレオがプリインストールされる可能性が高いので、Note 9であれば大丈夫っぽいですね)

【まとめ】Android 8.0以前と以降でスマホは別モノになる

AndroidはOSアップデートが遅い・安定しないという二重苦を背負っているのですが、それを一気に解決してくれそうな今回の改善です。

Galaxy Note 8自体には不満はないし欲しいのですが、どうしてもAndroid 8.0プリインストールが気になるので今回は見送ることにしました。

ちなみに、XperiaやAQUOSも次期モデルから対応しそうなので、スマホを買う時に搭載されているOSのバージョンにも気をつけてみてください。

鍵になるポイントは、発売した時点でOSにAndroid 8.0が搭載されているか?です。

スポンサーリンク