スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

「電話も安い格安SIMを教えてくれ」と聞かれたので楽天モバイルをお勧めした理由

f:id:tomsam65:20161001165813j:plain
こんにちは。今回は勤め先の上司から格安SIMについて相談された時の話です。

雑談で格安SIMについて色々調べているという話をしたところ、「おっ、じゃあお勧めを教えてくれ」と。


結論については記事のタイトルでほぼ語ってしまいましたが、その上司には楽天モバイルをお勧めしておきました。


と、それだけで話が終わってしまうと勿体無いので「電話を重視すると何で楽天モバイルなの?」という観点で記事を書くことにします。


スマートフォンの契約を大手キャリアから格安SIMに変更する場合、一番の目的は「月々の通信料をもっと安くしたい」ですよね。
これに関しては実際に半額以下まで安くなりますし、電波も繋がりやすくて通信速度も悪くないということで概ね満足できます。


ですが、「電話」についてはよく分からないという人が多いようです。
格安SIMに関して、なんとなく「データ通信は出来るけどそれだけ」というイメージはないでしょうか?


実際、上司の最初の質問は「格安SIMってそもそも電話できるの?」というものでした(できます)。


次に気になるのは「今使ってる電話番号はそのまま使えるの?」です(使えます)。


格安SIMは電話もネットも全く問題なく出来ますが、通話料も含めた月々の料金については各社で力の入れどころが異なるので、「電話料金も重視する」という場合はよく調べておく必要があります。


そんな訳で、ここからは電話料金を重視する上司に楽天モバイルをお勧めした理由についてお話します。


スポンサーリンク




【目次】

格安SIM選びは難しい?

f:id:tomsam65:20160922191353j:plain
はい、そりゃあもう。難しいですよね。

私もこういうデジタル系ブログをやっているくらいですから、スマホや格安SIMについて興味がある方だと思います。

ですが、もともと興味がある私でも各社の通信プランを見比べたりキャンペーンを調べるのは大変でした。というか休みが一日が消えてしまいました。あの上司面倒な質問しやがって


各社がそれぞれ工夫していて、価格を下げる、期間限定のキャンペーンを張るのは当然のこと。

豊富なプランやオプションプランを充実させることで対抗する会社もたくさんありました。


いやー、競争が激しい業界なのがよく分かります。


ただ、これってユーザーにとってはどんどん複雑になってきて、「それで? 結局どれがいいの?」ってなりますよね。(なりました)


今回、上司から提示された希望条件は、以下のようなものでした。

  • 今使っているスマホの月額料金が高いので格安SIM?っていうのにして値段を抑えたい
  • 仕事でも電話を使うので、大手キャリアのように電話かけ放題みたいなサービスを利用したい
  • 今持っているスマホは古いので新しい機種がほしい
  • メールが見やすいので画面は大きい方がいい
  • 電話番号は変えたくない

これら条件のうち、電話かけ放題以外であればどの会社でもほぼ問題ありませんでした。

格安SIM会社であればたいていはスマホもセットで販売するプランがありますし、電話番号の引き継ぎ(MNP)にも対応していますから。


そういうわけで、今回のポイントは「電話料金が安い(電話かけ放題プランがある)格安SIM」に絞られたわけです。


そういう視点で格安SIM会社をチェックしてみました。

データ通信料は安くなるけど、電話かけ放題に対応している格安SIMは以外と少なかった

実際調べてみて分かったのですが、思っていた以上にデータ通信に特化した会社が多いんですよね。

もちろんどの会社でも電話は可能ですが、料金に関しては20円/30秒という会社がほとんどでした。


完全かけ放題どころか、5分や10分かけ放題などの時間限定プランを用意しているところも少ないです。


これはまだ格安SIM自体の知名度が広まり始めた段階で、利用者にデータ通信を重視するヘビーユーザーが多いからでしょう。


そういうユーザーはLINEやSkypeなどで無料通話する方法にも詳しいですから、通常の電話使い放題サービスはまだ需要が大きくないのかもしれません。

(しかしこれからは増えていく予感がします)

電話かけ放題プランがある主要な格安SIM

楽天モバイル

まずはネット通販大手の楽天が運営しているので安心感のある楽天モバイルです。



ここは5分間の電話かけ放題プランがあります。
特徴として、

  • オプション料金は月額850(税抜)で、5分以内の電話であれば何回かけても無料。5分以上は10円/30秒になりますがそれでも通常プランの20円/30秒の半額ですね。
  • 通常の電話回線を利用しているので090などの電話番号をそのまま引き継げる
  • IP電話ではないため、データ通信は消費しない

そして楽天モバイルは端末を新しく買う場合限定で一気にお得度が跳ね上がります

スマホ端末代+通信料金+電話5分間かけ放題が月々1880円~になるコミコミプランが用意されています。


通信料や端末の種類によって2480円/月、2980円/月のプランも用意されていることもあって、かなり有力な候補となりました。

OCNモバイル ONE

NTTコミュニケーションズが運営しているOCNモバイル ONEにも電話かけ放題サービスが提供されています。


電話かけ放題のサービス内容としては楽天モバイルに近く、

  • 月額850円(税抜)で電話5分間かけ放題。5分以上は10円/30秒。
  • 通常の電話回線を利用したサービスなので090などの番号引き継ぎOK
  • 2016年10月1日(土)~2017年1月31日(火)までの期間は追加料金なしでかけ放題時間が10分間に延長

というものです。
OCNモバイルの特徴は何と言っても5分間かけ放題サービスから追加料金なしで10分間に延長されていること

これは嬉しすぎます。5分で電話を終わらせる意識でいればたいていの電話は時間内におさまりますが、それでも話し足りない場合や、つい時間を超えてしまうこともあります。


でも10分なら? 


普段もだいぶゆったりした気持ちで電話できますし、非常に嬉しいサービスです。

これは他の会社も是非導入していただきたいですね。

ただ一点、このサービスは期間限定で、来年の1/31までしか提供されません。それ以降は通常の5分間かけ放題サービスに戻ります。


惜しい…

永遠にはとは言いませんが、せめてもう少しキャンペーン期間を延ばして欲しかったところです。

mineo

ドコモ系とau系のネットワークに対応していて通信速度、サポートともに上々の評判のmineoです。関西電力グループのケイ・オプティコムが運営しているので会社についての不安要素はありません。

格安SIM各社の中での料金は平均的ですが、諸々を含めれば有力候補になりえます。

ただし、今回のポイントである「電話使い放題」に限ってはまだ力が入っておらず、050系の電話番号を利用するIP電話(ララコール)による割引サービスを提供しているにとどまりました。

このサービス自体は決して悪くないのですが、今回利用する人の要求が「今使っている電話番号をそのまま利用して、かけ放題が欲しい」というものだったので残念ながら選外になりました。

(とはいえmineoのサービス自体は非常に良いので、別の回でお勧め記事を書こうと思います)

【5分間かけ放題プラン】OCNモバイル VS 楽天モバイル

さて、こんな感じで今回は「電話かけ放題サービス」に焦点を絞って格安SIM会社を比較してきましたが、スマホ代もセットになったキャンペーンがある楽天10分間電話かけ放題サービスを提供しているOCNモバイルONEが残りました。


どちらも嬉しいサービスなので迷うところですが、結果は冒頭でもお伝えしたとおり、楽天となりました。

【結論】スマホ代を含めたプランだったので楽天に

実際に楽天が用意しているコミコミプランの端末を確認すると、富士通のArrowsやシャープのAQUOSなど国産メーカーから国外でも評価の高いASUSやファーウェイなどのグローバルメーカーまで抑えています。


スマホ端末が問題なければあとは値段の勝負となり、やはり月額1880円からというのが大きかったです。


「月1880円で新スマホ+データ通信2GB+電話5分間かけ放題」というのはやはり魅力です。


OCNも決して悪くなく、使い方によっては一気にひっくり返るほどでしたが、スマホがセットでの価格だと楽天を超えてしまうこと、10分間かけ放題サービスの期間が短かかったのが辛いところでした。

もちろん楽天には問題がないわけではなく、コミコミプランでは1年目と2年目と3年目で月額料金がそれぞれ500円から1000円ほど変動があります。そこは十分に注意してください。


そんな訳で、「ある程度電話も使える格安SIMサービス」としては楽天モバイルをお勧めしたというお話でした。

スポンサーリンク



スポンサーリンク