スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

全くの初心者が格安SIMに乗り換えるためにやったこと【2】 ~現契約を確認~

f:id:tomsam65:20160922222439j:plain
こんにちは。知識ほぼゼロの初心者によるMVNO挑戦日誌その2です。


まずはおさらいから。前回調べたことは、この2つでした。

  • MVNOや格安SIMってそもそも何?
  • MVNOにしてもスマホ(携帯)の電波は繋がるの?

www.sunlight-arrow.net


今回は契約を変更する前に確認しておくべきもう一つの内容です。


現時点で携帯料金に月いくら払っているのかを確認

 

当たり前といえば当たり前ですが、これをやっておかないと、MVNOと契約しても実際いくら安くなったのか分かりません。

もしかしたら今より高くついたなんてこともあり得ますので、念のためもう一度確認してみましょう。


スポンサーリンク


契約内容を確認する

それぞれの公式サイトから契約内容が確認できます。

ドコモの場合

www.nttdocomo.co.jp

auの場合

www.au.kddi.com

ソフトバンクの場合

www.softbank.jp

auと契約している私の場合

ここからは実際に利用している私の契約状況をサンプルとして挙げていきます。

現在はLTEフラットという定額制の通信プランを選んでいます。

【契約内容】
基本使用料(LTEプラン):1868円(誰でも割適用で934円) 
LTE NET       :300円
LTEフラット(7GB)  :5700円


合計:6934円(誰でも割適用)

※誰でも割というのは、2年間の継続利用を条件にして月々の基本料金を半額にする契約です


というわけで、私の使用環境をまとめるとこうなります。

  • 1時~21時まで、au同士の通話は無料。それ以外は30秒/20円
  • 一ヶ月に7GB通信できる
  • 月額おおよそ7000円

改めて確認しましたが、電話とネット通信だけで毎月7000円が飛んでいくと思うとやっぱり負担が大きいですね…。

今回のまとめ(月々の料金と使用できるデータ量)

月々の支払い額:6934円(端末割賦代金は含まず)

通信できるデータ容量は7GB


つまり、私はスマートフォンで月に7GBの通信をするために、毎月6934円支払っている。電話は1時~21時までau同士であれば無料ということが判明しました。

MVNOに変更する際は、この条件より安くなる、もしくはデータ通信量などが増加することが必須条件ということですね。
(そうでなければワザワザ手間をかけて変更する必要がないですし)

この記事を読んでくれている方、それぞれに契約している内容が異なると思いますが、まずは現在の契約で以下の2つを把握しておきましょう。

・月々に支払っている携帯料金の総額
・月々に利用できる通信データ量


スポンサーリンク