スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

3年間Androidユーザーだった私がiPhoneに戻ることにしたシンプルな理由

こんにちは。

 

今回のテーマは、3年ほどAndroid(Galaxy Noteシリーズ)を使用していたわたしが結局iPhoneに戻ることにした理由です。

 

購入候補筆頭だったNote7がリコールされて日本発売が更に遅れそうなことや、細かい理由はいくつかあるのですが、それはまだ我慢できる範囲のことでした。

 

結局のところiPhoneに戻る決心をしたのはたった2つです。

 

  1. Galaxy Note EdgeをAndroid6.0に更新したことで動作がかなり不安定になったから
  2.  不安定になった状況がいつ改善されるのか、情報が全くなかったから

 

具体的にGalaxy Note EdgeのOSを更新した結果はこの記事で詳しく書いていますので詳細は省きます。

www.sunlight-arrow.net

 

 

【スポンサーリンク】

 

OSアップデートでスマホの動作が不安定になるのは仕方がない

いちおうIT関連の企業で働いているので、OSレベルの更新がどれほど大がかりなもので、バグや仕様の確認にも相当なコストがかかっていることは理解しています。

 

ですので、バグが発生した、動作が不安定になった、というのはある意味では納得していました。

 

それにOS更新で不安定になったのはiPhoneも同じで、iOS10で起動すらしなくなったアプリが話題になっているようです。

 

そこまでは同じです。ですがここからが問題。

AndroidのOS更新による不具合は話題にすらならない。

これが痛かった。痛すぎました。

 

iPhone(iOS)の不具合が騒がれるのはむしろ羨ましいこと

 

iOSの更新による不具合は各地で報告され、もちろんOS側の問題であればAppleが対応しますし、アプリ側であればベンダーが対応します。

その際も、iPhone・iPadシリーズに限って対応すれば良いわけですから、現実的に改修の希望があります。

 

今回、Galaxy Note Edgeで痛感したのは、OS更新による不具合があってもほとんど話題にならないし、アプリ側で対応されるかどうかすらまったく分からないということ。

 

Galaxy Note Edge+Android6.0の環境で、再起動していないのに頻繁にパスワードを求められたり(指紋認証が使えない)、愛用していたNicoBoxが10分でフリーズするという問題が起こったため、一時的にOSダウングレードしようと思って調べたほどです(出来ませんでしたが)。

 

iPhoneと比較すると、販売台数(スケールメリット)や知名度、機種の多さなどから、アプリがAndroidの各機種それぞれに完全対応するのは難しいのでしょう。

 

これはある意味仕方のないことです。

Andorid OSのメジャーアップデートは一回までなら問題なかった

Galaxy Note Edge自体は今も気に入っていますし、これからもサブ機として活躍させます。ですが今から思うとAndroid5.0への更新でとどめておくべきでした。

 

実際、一回目のメジャーアップデートではわたしの環境では不具合はほとんどありませんでした。

 

繰り返しますが、Noteシリーズは名機ですし、OS更新したから全部ダメになるわけではありません。

 

じゃあOS更新しなければいいんじゃないの?

一理あります。ですがOSの更新には機能追加だけでなく、セキュリティアップデートも含まれているのでやっぱり更新したいんですよね。

 

その辺を理解したうえで更新しない選択肢もあるのですが、デジタルガジェット系ブログをやっているくらいなので、新しい機能やOSに目がないのです。更新されたなら試してみたい。

 

NexusならOS更新も安心なのでは?

本家Googleが発売している純正端末であるNexusシリーズならハードウェアの差異も理解した上でOS更新されているだろうし、OSアップデートによる不具合も比較的少なく、アプリ側も対応しやすいと思います。

 

今後もAndroidを更新して使い続けるならNexusという選択肢が一番有力でした。

 

この記事を読んで、OSアップデートは色々問題ありそうだけどAndroidを使いたいという方にはNexusをおすすめします。

 

ただ、個人的にSペン(GalaxyNoteシリーズ)以外であればiPhoneの方により魅力を感じるので、Nexusは選びませんでした。

 

まとめ

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

 

Android6.0へのOSアップデートで動作が不安定になり、各種アプリにも不具合が出たけれど、それが直るのかどうかすら不明な環境に耐えられなくなった。

 

iPhoneにも同じ問題はあるけれど、iOSは不具合に関する情報が豊富なこと、対応する側も修正しやすい環境であることから、メインで使うならiPhoneが良いと思った。

 

OSそのものを更新しないというのは、デジタルガジェット好きには耐えられない(セキュリティ上もよろしくない)

 

Andrdoidにしかない機能もありますし、ここ数年はOSやハードの完成度も互角だと思いますが、メインで二年間使うことを考えてiPhoneユーザーに戻ることを決心したのでした。

 

※GalaxyNote 7はいずれサブ機として買うかも知れません。だってNoteシリーズ好きだから!

 

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】