スマホとデジ生活

スマホとデジタル製品が好きすぎて生まれたブログ。

SIE社長にUHD BD搭載を検討させたPS4 Proインタビューが凄い

PS4 ProがUltra HD Blu-rayに対応しなかったことについて、評論家・ジャーナリストである麻倉怜士さんのインタビュー記事が面白かったので紹介します。

 

ざっくり言うとPS Pro4のUltra HD Blu-ray非対応について、麻倉さんがSIE社長のアンドリュー・ハウス氏に直撃インタビューしたという内容です。

 

こんなに熱量のある記事は久しぶりに見ました。

 

www.stereosound.co.jp

 

感想:インタビューだと思って読んでいたら、いつの間にか社長に訴えてPS4 Pro次期モデルにUltra HD Blu-rayドライブの搭載検討を約束させていた。

 

何を言ってるのか分からねーと思うが、おれも分からない…。インタビューよりもっと恐ろしいものの片鱗を見たぜ…

 

インタビュアーである麻生さんがひたすらUHD BD搭載の必要性と日本市場ならイケると力説してアンドリュー社長が相づちをうつという斬新なインタビュー。

 

あくまで「検討するだけ」なので、次期モデルにUHD BD搭載が決まったわけではありませんが、ただひたすらに、まっすぐ4Kへの愛情を語って強引に要望をねじ込んでいく麻倉さんの姿は全AVファンの憧れ。これぞまさに、

 

俺たちに出来ないことをやってのける、そこに痺れる憧れるゥ-!

 

オーディオビジュアルに対するこの情熱、見習いたいです。

 

ところでUltra HD Blu-ray(UHD BD)って何?

 

一言で言うと4KのBlu-rayです。

 

通常のBlu-rayディスクがフルHD解像度対応にとどまっていますが、その規格を拡張したUHD BDは4K解像度に対応します。

 

解像度が4倍になればとうぜん必要となるデータ容量も増えますし、それに伴ってディスクの容量も増やさなければなりません。専用のドライブが必要となりますので、現在流通している一般的なBlu-rayレコーダーやプレーヤーでは再生できないんですね。

 

UHD BD対応プレーヤーも発売されていますが、ハイエンドとして一部ファン以外には手の届かない価格です(30万円くらい)

 

そんな状態ですので、もし44980円のPS4 ProがUHD BDに対応してくれれば一気に普及する可能性はあります。

ましてや29980円のPS4 SlimでUHD BDに対応したらPS2の時のDVDのように爆発的に…と期待してしまいます。

 

あとUHD BDという名前、数年前に次世代メディアを決める際に東芝が盟主となってBlu-rayと覇を競ったHD DVDと名前がちょっと似ているところに風情を感じます

 

実際のところ、次期PS4 ProでUHD BDドライブは搭載されるんだろうか

個人的な結論からいうと、可能性は低いと思います。

 

確かに日本市場は海外に比べてディスクメディアを所有することに意義を見いだす人が多いです。音楽CDの販売数がまだ売れ行きの指標になっているくらいです。

 

 

ただ、黒船Netflixや古参Hulu、dビデオなど動画ストリーミングがサービスを開始していて、実際に使ってみた感想としても管理の手間もなく、ディスクを無くすこともなく、画質音質はサービスの進化とともに向上していくとなると、「もうディスクいらない…」と感じてしまいます。

 

やはり将来的にディスクメディアが復権・維持されるというのは考えにくい。

 

一縷の希望として、「日本では少なくともまだ数年はディスクメディア市場は維持される。その数年間を狙い撃ちしてUHD BDエディションを出そう」という台数を限定したPS Pro4 UHD BDエディションならあり得るのではないかと。

 

 

今心強いのは、あのAppleでさえ日本専用にカスタマイズしたiPhone7を出したのだからソニーだってPS4Proに同じことは出来るだろう

 

と言えること。

 

期待してます。

それでは。